コラム/感想

すごーく久しぶりに友人がロミロミに来てくれました♪

マナカードの時間はランチしながらにしようってことになり、たっぷり時間を取ってマナカードをしました。

やっぱり30分以上マナカードの時間があると、問題はアッサリ解決することが多いかも(*^^*)

マナカードと一緒にタロットも使ってみました。

(うまくいきそうなので、このメソッドをマナカードにも取り入れる予定♪)

悩んでいる時って、ぐるぐると同じところを巡ってしまいがちですよね。

なかなか答えが見つからないし、見つかった!と思ってもコレで良いのかなって不安になったりする。

その理由は、自分の枠を超えてないからなんです。

悩んでいる時は、悩んでる自分の枠の中で一生懸命考えています。

自分の想像の中で、一生懸命考えているんですね。

悩みをつくりだした時の意識と同じ意識で考え続けるから、なかなか答えを見つけたり決意することができないんですよね。

ハワイの諺にもこんな言葉があります。

I ka nānā no a ʻike.

「よく観察することで、人は学ぶ」

よく観察するということは、同じ側面ばかり見ていても変わらない。

だから、違う角度からの観察が必要なんです。

それが「自分の枠を超える」ということ♪

マナカードは、枠の外に出られるような気づきを起こしてくれます(*^^*)

なぜなら、新しい視点に気づかせてくれるから。

その新しい視点は誰かの意見や考え方じゃなくて、自分の中から気づける新しい視点です。

マナカードは潜在意識をカードの絵柄にして、言葉にしてくれるから♪

だからアッサリ悩みを解決しやすくなったり、納得した決意をすることが出来るようになるのです(*^^*)

友達が笑顔になって良かった(*´˘`*)♡

新しい視点、大切ですね♪

マナカード講座 マスターコース」受付中です♪
→詳細はこちら

マナカードリーディング セッションご希望の方はこちら
→マナカードリーディングセッション

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。