コラム/感想

マナカードの36番、ポハク

モロカイ島でカードの絵に描かれているポハク(石)を実際見てきましたが、とても神聖な場所でした。

自然にできた石なんだろうけど、しっかりと分娩台の形をしています。

不思議ですね!

ここから命が繋がれていったんだなぁと実感します。

ポハクのカードの意味は「関係

人間関係です。

愛を持って命を繋いでいくように、愛情を持って人と心を通わせることが上手な人間関係を築くコツ。

でも、人はずっと同じじゃいられないから、変わることもある。

それは自然なことだと思います。

心の中では愛情を持ってないのに無理に人間関係を持続させると、素の自分じゃないから疲れたり、相手にも失礼になりますよね。

成長していくためには、そんな関係を紡いでいないか確認してみることも大切なのかもしれません。

【結果ではなく、生き方がHAPPYになるマナカード講座。参加者募集中!】
人生を変えるのは「答え」を知るのではなく「気づくこと」。
マナカードから思考に気づき、メッセージを具体的に活かす方法をお伝えしています♪
→詳細はこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。